2021~2022年度 クラブ運営・活動方針

会長 中村 早百合

 2021~2022年度RI会長 シェカール メータ氏はロータリーは「人びとの世話をし、奉仕することこそ、人生の最高の生き方」そして奉仕についてはこのようにも仰っています。
「奉仕とは私たちがこの地球で生活をする上でこの土地を借りる賃貸料である」と。
そのような視点で自分に与えられた環境に対し感謝の心を示されています。
その上でシェカールメータ会長は RI テーマを「Serve to Chenge Lives」“ 奉仕しようみんなの人生を豊かにするために ”とされました。
  2021~2022年度第2690地区岩﨑陽一ガバナーは熱い思いを込めた地区スローガン “ 未来のロータリーを築こう ”“ロータリーとともに活力に満ちたリーダーを育てるために”
変化に対応しなければ未来は無いとのことです。
クラブを成功に導くには、各クラブの多くが元気になること、又、元気なクラブとは、会員基盤の維持・拡大、プロジェクトの実施、R財団の支援、リーダーの育成。クラブが目指す姿を明確に描けるよう気づきを会員に提供すること、クラブが元気になるために活用できる仕組みや手法を伝えること、結果としてクラブや地区が活性することと言われております。
 津山西ロータリークラブの今年度のスローガンを“新しいロータリー”といたします。
クラブ初の会長、幹事2名とも女性であること、又、女性会員が多く、和気あいあいとして西クラブの今までの固定概念を捨て、チェンジとチャレンジを繰り返し、その時々に応じた新しい発想と展開で最善へと変化したいという願いを込めています。
津山西ロータリークラブは今年、創立50周年という大きな節目を迎える年度でございます。
創立50周年の記念事業を全会員で成功させましょう。
津山西ロータリークラブは老若男女、30歳代から90歳代までの会員で構成され、多様性に富んだ強みや日ごろのつながりの強さがあると思います。 意見を出し合い、このクラブに入って良かったと思うクラブを作ってまいりましょう。
 また昨今の新型コロナウイルス感染症の流行を鑑みて、会員の安全・健康を第一に運営するよう努めてまいります。
津山西ロータリークラブ、50周年という記念すべき年に皆様から頂いたこの機会を充分に楽しみながら大切に丁寧に過ごしていきたいと思っています。
皆様の絶大なるご協力とご支援・ご指導、何卒宜しくお願い申し上げます。

クラブ重点活動目標

  1. 会員純増3名以上(特に女性会員と50歳以下会員)
  2. 台北の中和圓通ロータリークラブとの交流
  3. ポリオ根絶への協力
    ポリオプラスへの寄付 30米ドル/人
  4. ロータリー財団への支援
    年次基金への寄付 150米ドル/人
  5. 米山記念奨学会への支援人
    普通寄付  5,000円/人
    特別寄付 10,000円/人
  6. 地区補助金の活用
  7. My ROTARYへの登録率向上を図る
  8. ロータリーカード普及への協力
  9. 創立50 周年記念事業・記念式典の成功
  10. 台湾・中和圓通ロータリークラブとの交流

ページトップ

inserted by FC2 system